スディルマン、ポンドックインダ、バリチカラン
 

幸せを呼ぶ福鼻毛

Q  
ジャカルタは空気が汚いので、日本時代に比べ鼻毛の伸びるのが早いと思っていましたが、最近時々真っ白な鼻毛が出てきます。普通の鼻毛と硬さは変わりませんが、色素だけが抜けています。これは日本時代には誓ってなかったことです。(変な嗜好ですが、小生自分の鼻毛を抜いて色艶、硬さなどを鑑賞するのが好きなので間違いありません)

小生、年は現在32で上も下も白髪は殆どありません。なんかの病気でしょうか?



それは幸せを呼ぶ福鼻毛です。ぼくのおばあちゃんが教えてくれたので間違いないと思います。ですから、幸せが逃げないように、抜いたりしないほうがいいのだと言うことでした。実は、ぼくもそういうことがあったのですが、福鼻毛を抜いてしまったので、それからというもの・・・苦労ばかりです。
 
追伸

医学的に見ると、30代はすでに老いが始まっているということで、赤ん坊には決してそういうことはありません。黒いものが白くなったのですから、老いに決っているわけです。したがって、そういうことがあれば、人間いつまでも若くないという意味になりますが、誰でもそうなのですから落ち込む必要はありません。

タケノコ診療上のページはこちら



※「よろずインドネシア」の医療相談掲示板にてご相談のあった内容を紹介しています。


0160223