スディルマン、ポンドックインダ、バリチカラン
 

想像妊娠

Q
妊娠したかもしれないと期待している月の生理の前に、体がだるくなったり、つわりのような吐き気がでたり、お乳が張っていたくなるなどの妊娠を思わせるような症状がよくでてくるのですが、これは子宮の中で何かが起こっているということなのでしょうか。それともただの気のせいなのでしょうか。今月も1週間近くそのような症状に悩み、今日生理がきて、治まりました。1週間期待をふくらませてきたのに、妊娠してなかったことが分かるとがっかりします。宝くじが外れたときのようです。3人目が欲しいというのはちょっと欲張りなのかもしれません。


A
えーとですね・・・一般的に、生理の前に調子が悪い・・という女性は、実にたくさんいます。
これが何でか?ですが、原因の一つは、黄体ホルモンが活発な時期なのですね。これは、妊娠を持続させるホルモンでありまして、つまりは、妊娠するかもしれないのでありますから、活動を抑制するような方向に働くのです。すなわち、だるい、頭痛がする、便秘がひどい、むくむ・・・などなどなのです。

ほしい人にできない子供と貯金、いらないのにできる子供と借金・・と業界では言われています。

しかし、宝くじも、続けて買わないと当たらないようです。ぼくも競艇など、よくしたものですが、欲のあるときは決して当たらず、無心になったとき、不思議に当たった経験があります。

無心になり、神様にお願いする・・という方法が、意外と効果的です。

タケノコ診療上のページはこちら



※「よろずインドネシア」の医療相談掲示板にてご相談のあった内容を紹介しています。


0160223