スディルマン、ポンドックインダ、バリチカラン
 
タケノコ医療相談

「人生はゲームだ」と言った心理学者

Q 先生の、人生はジョーダンだと言ってみたい、とのお言葉を読み、アドラーを思い出しました。アドラーは、人生はゲームだ、と言います。・・・そのこころは・・・
真剣に取り組まなければ面白くない、しかし深刻になる必要はない、ということです。
私は、そういう生き方を知り救われた気がします。(彼の思想はそれが中心ではないんですが。)
 
アドラーに 人は劣等感を補う方向に人生を生きる・・という仮説がありますね。

いろいろな人生の困難やハンデを乗り越えるのが人としての特徴であり その意味で 困難やハンデを追ったことは そのマイナスをプラスに変えるきっかけ・・人生を意味あるものにするきっかけなのだという前向きな考え方・・・若い時代にその考え方に触れ 救われると同時に すこし前向きな考え方が出来るようになりました。

人生は 冗談だというのはぼくのオリジナルで アドラーは人生は芸術のようなものだ・・と言っているのですよね?

Q やっぱりそうだったんですね。 インドネシアの診療所診療所事始めを読ませていただいた時から、アドラー心理学を感じていました。 私は、インドネシアでアドレリアンに会えて嬉しいです。

あの・・・えーと 影響は受けてるのですが・・ぼくはあんまり何とか主義者じゃなくて どちらかというと仏様と悟りを信じるものなのです。ああ ありがたいありがたい合掌。

Q なんとか主義者のような表現をしてしまって、ごめんなさい。

タケノコ診療上のページはこちら



※「よろずインドネシア」の医療相談掲示板にてご相談のあった内容を紹介しています。


0140204